退職願い・退職届けを出すタイミング

退職願い・退職届けを出すタイミング

退職願い・退職届けを出すタイミング|薬剤師退職.com退職願い・退職届けを出すタイミング|薬剤師退職.com

 

退職願を出すタイミングについて

 

ドラマのように机に退職届を叩きつけ  『会社を辞めます!!!』

 

というのは常識的ではありません。
だめということではありませんが、まずは直属の管理薬剤師、薬剤部長などに相談から入るのが一般的です。

 

いつ退職相談を切り出すかはこちらのページ

 

退職届を出して雇用関係の解約を会社に承諾されると撤回することができませんのでご注意を。

 

提出タイミングに関しては、少なくとも一か月前に提出することをおすすめいたします。

 

民法では2週間前で退職可能となっていますが、薬局業務の引き継ぎ、後任薬剤師の選定、募集などの期間を考えると円満退職には一か月前以上が必要です。

 

役職がついている方は、すこし早めに提出するように就業規則にも書いてあるのでその辺の配慮にも気を配りましょう。

 

辞めてしまうのでどうでもいいという考え方は辞めましょう。

 

退職届を出す人は誰に出す?

退職願いの内容は会社社長あてですが、一般的には直属上司に出すことが常識です。