薬剤師 退職時の心構え

薬剤師 退職時の心構え

薬剤師 退職時の心構え|薬剤師退職.com

 

ご家族への配慮

 

まず退職をするということは、職を失うということ 収入を失うこと

 

独り身の方ならまだしも、もし家族がいる方なら家族の同意が最重要です。

 

家族すら説得できない状況で、人生、収入源の変更を行うのは今後の家族の絆の面からもおすすめすることはできません。

 

独り身であったとしても、ある程度の経済的余裕がある状況での退職が安心です。

 

会社への配慮

 

何かの不満があって退職することになったとしても、これまであなたの経済面に重要な収入をもたらしてくれた会社です。

 

最後は円満退職 お互い気持ちよく会社を離れることができるようにできる限りのことは尽くし、感謝の気持ちは忘れないようにしましょう。

 

そのひとつは、しっかりと後任者への引き継ぎをすること。

 

辞めてしまうからと言って、いい加減にしてしまうと後任者は業務上大変困ります。

 

普通の会社と違い、医療現場で迷惑がかかるのは患者様だったりする可能性もあります。

 

しっかりその辺は考えて行動しましょう。

 

 

お金の心構え

 

経済的余裕が、ある程度ないとイレギュラーなお金がかかった時に大騒ぎです。

 

別の場所へ転職したところで一か月間はお給料は出ません。

 

次が決まっていない方は特に6カ月間くらいは働かなくても問題が発生しないように100万円くらいの蓄えはほしいものです。

 

住居について

 

もし住居が会社の借り上げ住宅だった場合は、引っ越し費用や、新居の敷金礼金、新居のインテリアなどの用意も必要。

 

住む場所もそうですが、次の就職先が決定していない場合は住む場所すらも決めることができません。

 

 

次の就職先への布石

 

多くの方は、紹介やハローワークなどの情報だけに頼っていますが、情報が偏りすぎるのはよくありません。

 

薬剤師転職支援サイトに無料登録してみて広く中立的にたくさんの求人情報に触れる機会を増やすことが重要です。