転職交渉で慰留!引き留め対策で転職成功の方法

転職交渉で慰留!引き留め対策で転職成功の方法

転職交渉で慰留!引き留め対策で転職成功の方法|薬剤師退職.com

 

まず、現状の薬剤師の需給状態から言うと、

 

薬剤師の転職時には必ず慰留・引き留めがあることを理解しましょう。

 

会社側からからいうと、薬剤師がいなくなるということは薬局、ドラッグストア、病院運営をできなくなる可能性をはらむ死活問題です。

 

 

まず慰留しやすい薬剤師の態度に関して
  • なんとなく仕事に飽きて違う仕事がしたい
  • ○○さんが人間関係が合わなくて辞めたい
  • 仕事が忙しいからもうちょっと楽なとこに転職したい
  • 残業が多いから他に行きたい

 

なんとなく・・・ なんか辞めたい・・・ 次はまだ決まっていない

 

どちらかというと思いつきで発言していて、強い転職、退職意志を感じないときには、会社側からの強い慰留や引き留めに合いやすい

 

 

慰留・引き留めをしにくい薬剤師の言動
  • 自分のスキルアップに、次の就職先が決まっています。
  • ○月から次の転職先へ内定しています。
  • 他社からのオファーが魅力的ですでに転職の内定をしています。

 

すでに次への行動ができていて、強い意志を感じます。

 

 

退職の意思を言うタイミングも重要

転職の際、法律で2週間前なら退職できるからといって、突然2週間前に退職届を出されても現場は混乱をするだけ。 まずもめることは間違いありません。

 

  • 就業規則には○か月前に、相談するようにという風に書いてある!
  • いま忙しすぎて退職はどうしても無理。考え直してくれ。
  • 代わりの薬剤師が見つかるまで最低でも○月くらいは待ってくれ。

就業規則は退職前に読んでおこう

 

このような返答があるのは当然です。

 

ですので、時間の猶予は十分にとって、退職後の転職先の目星をつけておく行動力が重要です。

 

それには求人情報を十分に得ておく必要があります。

 

そして最低でも1か月前には退職の相談をしてください。

 

 

最後に

薬剤師の転職は慰留があると思っていてください。
強い意志で、明確な態度で望んでください。
転職支援サイトなどのプロのアドバイスを受けるのもとてもよいことです。